遠隔読影の概要

logo_m01a.gif

il_tele_rad_01.jpg



理想的なイーサイトヘルスケアの
クラウド型遠隔読影ASPサービス


イーサイトヘルスケアは、遠隔読影会社ではありません。
遠隔読影は相互の信頼関係が第一であり、依頼病院様と読影医様が直接契約するのが理想の姿だと考え、当社の遠隔読影ASPサービスは医療の社会的インフラとして縁の下から皆様を支えていきます。

遠隔読影を行うために、もう高価なPACSを購入する必要は有りません。イーサイトヘルスケアのデータセンターが遠隔読影に必要な全ての要件をカバーします。自宅のパソコンさえあれば、そこがあなたの読影室です。時には気分を変えてリゾート地での読影ライフを堪能してみるのも一興です。
私達の提供するASPサービスの利点を十分に生かして頂き、明日からの読影のために今日の読影を快適に行って頂きたいと願っています

イーサイトヘルスケアトータル遠隔読影支援システム概念図

始めに当社の提供するサービスの概念図をご覧下さい。

il_s03.gif
イーサイトヘルスケアトータル遠隔読影支援サービス概念図

サービス概要

イーサイトヘルスケアは、遠隔読影を行う上でのシステム環境をご提供するASP(アプリケーションサービスプロバイダ)です。提供する遠隔読影支援サービスは「読影依頼/参照環境」「読影環境」「読影用画像および所見デーの保管」 の3点を基本としています。
遠隔読影支援サービスは、サーバ上にてアプリケーションやデータを起動し、 クライアントパソコンからはキーボードとマウスの操作情報だけをサーバ側に伝達する「アプリケーション・ デリバリーサーバベースコンピューティング」の技術を活用しています。

イーサイトヘルスケアトータル遠隔読影支援サービスの特徴

ti_m01.jpg
・読影システム用の専用サーバを設置する必要がありません。
・読影依頼側端末はジェイマックシステム社から販売されている機器をご利用頂きますが、読影側端末はお手持ちの汎用パソコンで十分可能です。高スペックのパソコンや機材は要ありません。

 (OS:WindowsXP、CPU:Pentium4、メモリ:512MB以上を推奨、お手持ちのパソコンおよびMacintoshついてはご相談下さい)

ti_m02.jpg
・お預かりするデータは、専用のデータセンターに設置した画像サーバにご契約先ごとに保管されます。
・管理されるデータは、ユーザーIDとパスワードによる認証で、ご契約先データのみ参照する事が可能です。
・遠隔読影時は、操作端末に画像データをダウンロードしない為、画像データの流出等のトラブルはありません。

ti_m03.jpg
・インターネットを利用できる環境であれば、どこからでも読影が可能です。                             
 (ADSL、光回線等、どの環境においても可能です。お客様の接続環境やご要望に合わせたコンサルティングをいたします)
・ブラウザで専用URLを指定し、お客様のユーザーIDとパスワードで認証することで、簡単にお手元のパソコンを読影端末として活用することができます。

こんな読影医にお勧め

trn_01_06.gif

大切な時間と労力を使い、遠方まで出向いて読影をされていませんか?
ph_01.jpg
イーサイトヘルスケアの遠隔読影支援サービスを導入することで、自宅や出先から病院の読影をいつでも行う事が可能になります。
当社のご提供する遠隔読影の導入は、読影医様と病院様の双方にとってきなメリットがあるのです。





                               ※(ホテルにて液晶テレビとノートパソコンを接続した読影環境)


ph_02.jpg
イーサイトヘルスケアの遠隔読影支援サービスは、ASP(*1)を用い画像ビューア+レポートの読影システムをデータセンターのサーバ上で動作するため、 サーバ上のデータをお使いのパソコンにダウンロードせずにWebページを見るようにデータを閲覧する事ができます。
このため、情報漏洩に対するセキュリティも高く、 ホテルや外出先からで簡単・安全に遠隔読影を行う事が可能です。

                                ※(フリースポット等を利用して出先にて利用できる読影環境



ph_03.jpg
当社がご提供する新しいサービスのご利用を始めるにあたり、読影端末構築のための初期費用はゼロでスタートする事ができます。
もう高価な読影用サーバや端末を購入する必要はありません。
お手持ちのパソコンを使用するだけで、今すぐにでも遠隔読影始められます。

                                         ※(自宅等で構築する充実した読影環境)

*1. ASP:アプリケーションサービスプロバイダーの略インターネット等を利用して、ソフトウェアをインストールする事なく各種のサービスを提供する事業者の意

こんな病院様にお勧め

trn_01_08.gif

イーサイトヘルスケアの遠隔読影支援サービスは、読影医様のお手持ち又は病院様より支給されるパソコンやノトパソコンを使って簡単に遠隔読影が始められます。
病院様側には読影依頼用の端末を設置する必要がありますが、読影依頼用の端末はジェイマックシステム社から販売させて頂きます。長年PACS(*2)ベンダーとして技術力に定評のあるジェイマックシステム社の製品を利用しながら一歩進んだ遠隔読影サービスを当社がご提供いたします。

読影医の方をお探しの病院様には、ご紹介もさせて頂きます。
当社では、読影業務は病院様と読影医様との信頼関係が基本と考えていますので、 読影に関する契約については病院様と読影医様との直接契約とさせて頂きます。

*2. PACS:Picture Archiving and Communication System for medical applicationの略。X線写真、CT、MRIなどの医療用画像をデジタルデータとして管理、ネットワーク上でやり取りを行うシステムのこと。

下記フォームよりお問い合わせ下さい
当ページに関するお問い合わせ、ご質問、資料請求などは、 下記入力フォームからお寄せ下さい。