著作権について

 

(1)画像データの著作権及び所有権は誰に帰属するのですか?

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

イーサイトヘルスケア株式会社(以下「イーサイト」といいます。)にご提供いただく医療用画像は「著作物」には該当せず、著作権は発生しません。

 

著作権法によると「著作物とは「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう」と定義されており(第2条第1項第1号)、創作的な表現であること(=創作性)が著作物の要件となっています。著作権法は、文化の発展に寄与することを目的としており(第1条)、単に表現の製作過程で投下した労力を保護するものではありませんから、創作性が著作物の要件として要求されています。

 

創作的な表現であるとは、表現者の個性が創作行為に現れていることをいいます。したがって、表現の選択に幅がなく、表現者の創作行為に個性が発揮されないような場合には、創作性が否定されます。(中山信弘『著作権法』(有斐閣、2007)52頁参照)。

 

ご提供いただく医療用画像は診療いう目的のため撮影されたものでかかる目的に照らすと、表現の選択に幅があったとはいえません。もちろん、撮影者によって撮影される画像は異なりますが、これは撮影者の技能の程度によって結果的に生じた巧拙であって、撮影者の個性の発揮としての創作性とは異なります(仮に医療画像に著作権が生じるとすると、医師が医療用画像を撮影する際には、他人の著作権を侵害しないよう配慮して撮影しなければならないという非常識な結論に至ってしまいます)。

 

以上のとおり、医療用画像は創作性を欠き、著作権は発生しません。

 

なお、医療用画像が論文等で使用されていることもありますが、この場合も、(論文について著作権が発生することはありますが)医療用画像自体に創作性が付与されるわけではありませんから、画像には著作権は生じません。画像の提供に際して、論文の執筆者から了解を得る必要はありません。

 

 

(2)所有権について

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

所有権は、有体物についてのみ発生します。データとしての医療用画像は、有体物ではありませんから、画像自体に所有権はありません。

 

なお上記(1)のとおり、医療用画像データには著作権も発生しませんから、ご提供いただく画像データの使用方法等について、何らかの取り決めをご希望される場合は、提供の際にかかる取り決めについてイーサイトと合意していただくことになります。

 

   回答           弁護士 川本 (西村あさひ法律事務所)

   最終更新 2008年10月22日

 

 

 

(免責事項)

上記はイーサイトヘルスケア株式会社が通常の扱いに基づき医療用画像のデータの提供を受ける場ついての説明であって、それ以外の情報を取得する場合について述べるものではありません。

上記は最終更新時現在の法令に基づく回答であって、その後の法改正によっても変更されないことを保証するものではありません。

上記はイーサイトヘルスケア株式会社に医用画像サンプルをご提供くださる皆様へ向けたご説明であって、それ以外の方が上記の説明を内容に依拠したことによって生じる一切の損害、損失その他一切の費用について、回答者及びイーサイトヘルスケア株式会社は責任を負うものではありません。

 

 

寺本振透先生の講演動画

医療現場に大流行する法律恐怖症候群! その治療法とは!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日常の診療業務において、院内の同僚医師に治療方針を相談したり、医療画像を見せたりしています。

この同様の行為を院外の医師に相談する場合に個人情報上は是か非か悩んでいませんか?

医師としてなすべき事と法律をどう解釈するか?

悩んでいても仕方がありません。

専門外の事は、その道の専門家に聞くのがベストです。法律専門家のお話を聞いてみましょう。

 

YouTube(ダイジェスト版 9分55秒)

回答 弁護士 川本 周(西村あさひ法律事務所)

        最終更新 2008年10月22日

PAGETOP