研究会向けサービス

イーサイトヘルスケアの

DICOM画像WEB配信サービス

DICOM画像をクラウドで閲覧するメリットとは

通常の学会・研究会では、発表者がパワーポイントを使って、医療画(DICOMの一部を

JPEGとして表示するのが一般的です。しかし、もし壇上の演者だけでなく、参加者も手元で

症例画像が見られることになれば講義の幅も広がると思いませんか?

インタラクティブな講演で、参加者の学習効果も高まります。

最近ではWEB講演会にご活用いただくことも多くなりました。

 

 

DICOM web viewer

インターネットに接続できる端末(iPad、iPhone、android、Mac、WindowsPC)を使用して

インターネットブラウザから閲覧します。

 

<閲覧環境>

☑登録不要

☑無料

☑端末に画像が残らない

☑ウィンドニング(コントラスト)が調整できる

☑画像の拡大ができる

☑画像のスクロールができる

 ・

 ・

 ・

 

 

 

機能の詳細はこちらから▲

臨床試験や国際医療支援にも応用されています

 

 

 

DICOM画像クラウド閲覧サービスを導入することで、画像がインターネット回線を通じて閲覧できるため、中央画像判定を行う会場に出向くタイムロスやセキュリティ問題に割かれるリソースを軽減できるようになります。

 

また、国内の専門医のみならず、海外の先生方にもご利用いただいております。

『ベトナムと日本』との間で当社のクラウドサービスが活用されています。

 

 

【実績】

2012年4月 研究グループが小児がんコンサルトシステムとして採用

2013年6月 研究会が供覧画像配信サービスを採用

2014年9月 研究会が電子抄録にリンクした画像供覧サービスを採用

            9月 治験の中央画像判定への応用活用として採用

201611海外コンサルトシステム(ベトナムと日本)として採用

       (ム:累計2病院導入)

201710海外コンサルトシステム(ベトナムと日本)として継続採用

       (ベトナム案件:4病院導入)

2018年8月 海外コンサルトシステム(ベトナムと日本)として継続採用

      10月   海外コンサルトシステム(インドネシアと日本)として

                     導入検討開始

 

【2021年2月】

抄録&供覧画像のクラウド配信サービス   28回/年間 実施

治験・研究の中央画像判定への応用活用   2案件 実施中

海外遠隔画像コンサルトサービス      2ヶ国 導入・運用中

PAGETOP